再生医療ナビ 広報室再生医療ナビ 広報室

再生医療のNEWSやイベント情報をお知らせしています

ReeNT(東京慈恵医科大学発スタートアップ企業)は鼻腔粘膜上皮から採取した細胞で作ったシートの真珠腫性中耳炎と癒着性中耳炎に対する医師主導治験を進め、2024年内の承認申請、2025年の承認取得を目指しています。承認されれば、耳鼻咽喉科分野における国内初の再生医療製品となります。中耳真珠腫の外科手術後、組織が再生する過程で、真珠腫の再発や鼓膜の再癒着が生じやすくなりますが、自家鼻腔粘膜上皮細胞シートを用いて、患部を保護することで再発を防止する効果が期待できるとされています。

検索キーワード:ReeNT 自家鼻腔粘膜上皮細胞シート 中耳真珠腫

武田薬品工業株式会社は湘南ヘルスイノベーションパーク(湘南アイパーク)の運営を新会社に承継すると発表しました。
2018年4月に武田薬品が自社の研究所を外部に開放することで設立された湘南アイパークには数多くの企業や団体が入居し、産官学集積の場となっています。
新会社に資本参加する産業ファンド投資法人(IIF)、三菱商事株式会社とともに共同運営をすることで、より中立的な立場から企業を誘致し、ヘルスケア事業の加速を目指します。

検索キーワード:武田薬品工業株式会社 湘南アイパーク サイエンスパーク

組織工学・再生医療を手掛けるReLive Biotechnologies(睿生科技有限公司)はドイツの上場バイオテクノロジー企業CO.DON.AGの買収を発表しました。CO.DON.AGは再生医療等製品の製造および品質管理において世界トップレベルのシステムを有しています。なかでも主力製品である「Spherox」は、膝関節軟骨欠損の根本的な問題を解決する治療法としてこれまでに1万7000人以上の膝関節軟骨欠損症患者の治療に成功しています。
買収により中国周辺における軟骨修復分野の臨床研究や世界市場の開拓を加速するため、製造および販売資源の結集を進めます。

検索キーワード:ReLive Biotechnologies CO.DON.AG 軟骨欠損症

細胞製品に関する製造受託・業務支援サービス等を行う株式会社サイフューズが東証グロースに上場しました。今回の上場を機に新たに約20億円を調達し、開発が先行している3つの再生医療パイプライン(末梢神経再生、骨軟骨再生、血管再生)の承認申請に向けた臨床試験費用に充てるとしています。2022年に上場したバイオ関連企業としては、サイフューズが坪田ラボ、マイクロ波化学、ティムスに続き4社目となります。

検索キーワード:サイフューズ 東証グロース 再生医療等製品の製造受託

過去の情報はこちらから