自家培養軟骨移植術 再生医療ナビ 特設サイト

「自家培養軟骨移植術」の早わかり!

患者さま自身の軟骨から軟骨細胞をごく少量取り出します。
アテロコラーゲンと混ぜて「自家培養軟骨」を作製します。
膝関節の軟骨が欠けたところに自家培養軟骨を移植します。



詳しくはこちらをご覧ください

手術について

外来診察後、手術が2回行われます。
1回目は軟骨細胞取り出しのための手術。

2回目は自家培養軟骨を移植する手術です。

<手術までの主な流れ>

ステップ1 ステップ2 ステップ3
詳しくはこちらをご覧ください

リハビリについて

移植手術の後、1~2週間経ってからリハビリが開始されます。
リハビリ期間は個人によって異なりますが、一般的に半年~1年程度です。

詳しくはこちらをご覧ください

手術ができる病院について

自家培養軟骨移植術は全国の指定された医療機関で実施されています。
お問い合わせは各医療機関まで。

詳しくはこちらをご覧ください

公的医療保険の適用について

自家培養軟骨を用いた治療は平成25年4月から保険適用になりました。

詳しくはこちらをご覧ください
配信元 Japan Tissue Engineering Co., Ltd. (J-TEC)
Page Top