注目の軟骨治療室

  • TOP>
  • 注目の軟骨治療室(自家培養軟骨移植術とは?)
  • 自家培養軟骨移植術とは?
  • 体験者インタビュー
  • FAQ
  • 使用認定施設一覧

教えて、自家培養軟骨移植術

関節軟骨は、ヒザの動きを滑らかにしたり、
ヒザにかかる負担をやわらげるクッションの役割を果たしています。
軟骨組織には血管がなく、傷を治すための有効な細胞が少ないため、
事故やスポーツで軟骨が欠けたり、剥がれてしまうと、自然に治癒するのは難しいと考えられています。

自然治癒は難しいとされていた「軟骨」が、自家培養軟骨移植術なら治せるざます

正常なヒザ

軟骨欠損したヒザ

自家培養軟骨移植術とは?

欠けた軟骨の治療法の中で、近年注目されているのが「自家培養軟骨移植術」です。自家培養軟骨移植術にもいくつか種類がありますが、日本で公的医療保険の対象となっているのは、「外傷性軟骨欠損症」または「離断性骨軟骨炎」で、欠けた軟骨の面積が4cm2以上の患者さんです。

「自家培養軟骨移植術」は、患者さんご自身の細胞を使うので、拒絶反応がきわめて少ないこと、少しの軟骨から細胞を増やすことができるので、広い範囲の軟骨が欠けた場合により有効であるなどのメリットがあり、治療後はヒザの痛みが和らぐことが認められています。

移植術

  • 1患者さんご自身の軟骨組織を少量採取。
    (関節鏡での手術)
  • 2アテロコラーゲン(コラーゲンの一種)と混ぜて培養し、「自家培養軟骨」を作製。
  • 3自家培養軟骨を軟骨が欠けたところに移植。
  • 4移植した自家培養軟骨がはずれないように脛骨から取った「骨膜」でふたをして縫合。

リハビリテーション

移植が終わった約1~2週後からリハビリテーションがはじまります。ゆっくりとヒザを動かしていき、4週後から少しずつヒザに体重をかけていきます。
6週後には全体重をかけるトレーニングをします。ただし、軟骨の欠けた場所や大きさなどにより、リハビリテーションのスケジュールは変わります。

自家培養軟骨移植術のスケジュール

※アテロコラーゲン等に対するアレルギー反応がないことを確認します。

これはあくまで一般的なものであり、患者さんそれぞれでスケジュールは異なります。

治療にはじっくりと時間をかけるんざます。

  • 体験者インタビュー
  • 使用認定施設一覧

外傷性軟骨欠損症

原因
スポーツでの接触や交通事故など外からの強い衝撃により、軟骨の一部が欠けてしまうものです。
軟骨が欠けるだけでなく、靱帯や半月板などが傷ついている場合もあります。
対処・治療法
体重がかからないところの軟骨が欠け症状が軽い場合は、手術はせずに安静にしたり、痛み止めの薬などを使って治療します。
体重がかかるところの軟骨が欠けた場合、4cm2未満であれば、その大きさによって「骨穿孔法」もしくは「骨軟骨移植法」とよばれる手術をおこないますが、4cm2以上の場合は「自家培養軟骨移植術」が可能です。

離断性骨軟骨炎

原因
激しいスポーツなどで、ヒザにくり返し力が加わることで、軟骨が軟骨の下にある骨とともに剥がれてしまうものです。
対処・治療法
症状が軽いときは、安静にしているか骨穿孔法を行ないます。
軟骨がすべて剥がれるなど症状が重い場合は、はがれた軟骨をピンで固定するか、「骨穿孔法」もしくは「骨軟骨移植法」とよばれる手術をおこないます。
はがれた軟骨の大きさが4cm2以上の場合は「自家培養軟骨移植術」が可能です。

自家培養軟骨移植術の流れ

もっと詳しく知りたい人はFAQ「よくある質問」を参考にするざます

FAQはこちら