ひざの再生医療のことなら再生医療ナビ

ひざ痛の特徴 靱帯系

ひざについて様々な情報

  • ひざのしくみ
  • スポーツによるひざのケガ
  • ひざ痛の特徴 骨・軟骨系
  • ひざ痛の特徴 腱系
  • ひざ痛の特徴 靱帯系
  • ひざの治療について

こちらもぜひご覧ください
自家培養軟骨移植術

スポーツ・ヒザ セルフチェック

ひざ痛の特徴 靱帯系

内側側副靱帯損傷(ないそくそくふくじんたいそんしょう)

(特徴)

ラグビーなどの衝突しあうスポーツやスキーなどが主な原因で起こり、靱帯損傷で最も多いケースです。

(対処・治療法)

症状に応じて装具装着などにより保存療法をおこないます。

内側側副靱帯損傷

前十字靱帯損傷(ぜんじゅうじじんたいそんしょう)

(特徴)

バスケットボールで飛び上がった後着地したとき、走っていて急に方向を変えようとしたとき、スキーで軸足をひねったときなどに起こります。
同時に半月板を痛める可能性が40~60%あり、多くは激痛とともにブツッと断裂音がします。

(対処・治療法)

スポーツをおこなう若い患者さんに対しては希望により、手術でご自身の腱を用いて靱帯を再建します。

前十字靱帯損傷

後十字靱帯損傷(こうじゅうじじんたいそんしょう)

(特徴)

交通事故やスポーツ外傷などで、主に約90度屈曲した状態のままひざから転倒した場合に起こります。

(対処・治療法)

単独で痛めた場合には保存療法でもスポーツ復帰は可能ですが、日常生活に問題がある場合には靱帯再建をおこなうこともあります。

後十字靱帯損傷

こちらもぜひご覧ください

  • 自家培養軟骨移植術について
  • スポーツ・ヒザ セルフチェック