ひざの再生医療のことなら再生医療ナビ

再生医療ナビ 広報室再生医療ナビ 広報室

再生医療のNEWSやイベント情報をお知らせしています

京都大学医学附属病院と京都大学iPS細胞研究所は、血小板輸血不応症を合併した再生不良貧血患者に自家iPS細胞由来血小板を投与する臨床研究の計画書を厚生労働大臣に提出したと発表しました。

検索キーワード:京都大学医学附属病院 血小板輸血不応症 再生不良貧血患者 iPS

塩野義製薬は、ロート製薬が開発中の他家の脂肪由来間葉系幹細胞(MSC)を構成成分とした再生医療等製品(対象:非代償性肝硬変患者)の開発と販売、製造販売後調査を実施すると発表しました。

検索キーワード:塩野義製薬 ロート製薬 再生医療等製品

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングは、自家培養軟骨「ジャック」の外傷等に起因する二次性の変形性膝関節症への適応拡大に向け、PMDAに治験計画届書を提出したと発表しました。

検索キーワード:J-TEC 変形性膝関節症 自家培養軟骨

「ひろさきLI」はスポーツや事故などで損傷した膝軟骨の再生医療に用いる再生医療製品の製造販売に向けて、国の承認を得るために治験を今秋から開始すると発表しました。

検索キーワード:ひろさきLI 再生医療製品 治験

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングは、⾃家キメラ抗原受容体T細胞(CART)療法の企業治験の開始に向けて、名古屋⼤学や信州⼤学と、CARTの製造⽅法に関する特許のライセンス契約を締結したと発表しました。

検索キーワード:J-TEC 急性リンパ性白血病 CART療法

ニプロは、札幌医科⼤学と共同開発していた脊髄損傷に対する⾃⼰⾻髄間葉系幹細胞(STR01)について、再⽣医療等製品として、厚⽣労働省に製造販売承認申請を⾏ったと発表しました。

検索キーワード:ニプロ 脊髄損傷 自家骨髄間葉系幹細胞 承認申請

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングは、メラノサイト(⾊素細胞)を保持した⾃家培養表⽪ACE02の治験計画届書を医薬品医療機器総合機構(PMDA)に提出したと発表しました。

検索キーワード:J-TEC 白斑治療 自家培養表皮 治験

富士ソフト・ティッシュエンジニアリングは、自家のインプラント型再生軟骨を再生医療等製品として厚生労働省に承認申請(対象疾患:口唇口蓋裂)したと発表しました。

検索キーワード:自家インプラント型再生軟骨 口唇口蓋裂 承認申請 富士ソフト

東京医科歯科大学は今秋にも、潰瘍性大腸炎の治療のため、患者の幹細胞を培養して、患部に移植する臨床研究を始めると発表しました。

検索キーワード:東京医科歯科大学 潰瘍性大腸炎 幹細胞 臨床研究

京都大学は再生医療に使うヒトの胚性幹細胞(ES細胞)を企業や大学などに配布すると発表しました。ES細胞は不妊治療で余った受精卵から作られ、iPS細胞と同様に様々な臓器や組織の細胞に育ちます。企業や大学はES細胞を用いて臨床試験をおこないます。海外では既にES細胞を用いた臨床試験が開始されています。

検索キーワード:ES細胞 京都大学 再生医療

少なくとも8社がiPS細胞を使って製品開発に乗り出していることが分かりました。最も早ければ血液製剤が2020年に発売される可能性もあります。

検索キーワード:iPS 製品開発 2020年発売

京都府立医科大学の木下茂教授らは「水疱性角膜症」の患者に対して、米国から輸入した角膜内皮細胞を培養し、患者の角膜の裏側に注入する再生医療を実施し、その2年の経過を報告しました。現在、医師主導の治験が進んでいます。

検索キーワード:京都府立医科大学 水疱性角膜症 再生医療 治験

ジャパン・ティッシュ・エンジニアリングは自家培養表皮「ジェイス」について、表皮水疱症への適応拡大に向けて一部変更承認申請を行ったと発表しました。

検索キーワード:ジャパン・ティッシュ・エンジニアリング 培養表皮 表皮水疱症

大日本住友製薬は、パーキンソン病の機能再生に用いる「iPS細胞由来神経細胞製剤」の医師主導治験を2018年度に開始し、承認申請にむけて準備を進めると発表しました。

検索キーワード:iPS細胞由来神経細胞製剤 大日本住友製薬 治験

日本再生医療学会は、3月下旬に「患者相談窓口」をオープンすると発表しました。

検索キーワード:再生医療学会 患者相談窓口

他人のiPS細胞から育てた網膜の細胞を「加齢黄斑変性」の患者5名に移植し、1年の経過観察を進めている臨床研究で、理化学研究所と神戸市立医療センター中央市民病院などは、70代の患者で、手術が必要な合併症がおきたと発表しました。

検索キーワード:iPS移植 加齢黄斑変性 合併症

厚生労働省は、再生医療実施機関からの年間報告をまとめ、初めてその結果を公表しました。2017年3月末までに報告されたのは2141件で、約3万6000人が研究や治療で再生医療を受けていました。

検索キーワード:3万6000人 再生医療 厚生労働省

2018年 3月 3日(土)14:00~16:30(開場13:30)
北里大学北里研究所病院「整形外科市民公開講座~健康寿命をのばすために2018~」
主催:北里大学北里研究所病院

富士ソフトは帝京大学と協力して、2018年1月の承認申請を目指している鼻軟骨治療用の再生医療製品を加工し、「真珠腫中耳炎」の治療に用いるため、臨床研究を開始しました。

検索キーワード:富士ソフト 帝京大学 再生軟骨 中耳炎

京都大学iPS細胞研究所は、再生医療の臨床研究や製造販売に備えて、2019年度内に品質確保の設備や作業手順などの基準を満たす体制にし、再生医療への新規参入を促すとしています。

検索キーワード:京都大学iPS細胞研究所 iPS細胞 備蓄事業

過去の情報はこちらから