• 自家培養軟骨移植術とは?
  • 体験者インタビュー
  • FAQ
  • 使用認定施設一覧

FAQ ~よくある質問~

※ここに出てくる「自家培養軟骨(移植術)」は、公的医療保険が適応されるものを示します。

自家培養軟骨の適応対象は?

自家培養軟骨は、
どのような患者が適応対象なのですか?

膝関節における外傷性軟骨欠損症又は離断性骨軟骨炎(変形性膝関節症を除く)の患者さんです。ただし、他に治療法がなく、かつ軟骨欠損面積が4cm2以上の軟骨欠損部位に使用する場合に限ります。

股関節、足首、肘など、ヒザ以外の治療に
自家培養軟骨を使えますか?

自家培養軟骨移植術は、厚生労働省により適応対象が定められているため、適応対象外の部位(ヒザ以外)の治療に使うことはできません。

半月板を損傷していますが、半月板に対して
自家培養軟骨で治療できますか?

半月板の治療に自家培養軟骨を使用することはできません。

軟骨がすり減ってしまい、変形性膝関節症と診断されていますが、
自家培養軟骨移植術は受けられますか?

変形性膝関節症と診断されている患者さんは対象外と定められていますので、自家培養軟骨による治療は受けられません。
患者さんに最適な治療法は医師の先生が判断されますので、まずは専門の医療機関へご相談ください。

人工関節を薦められていますが、
自家培養軟骨での治療は可能ですか?

人工関節を薦められる患者さんは重度の変形性膝関節症であるケースが多く、軟骨がほとんどなく骨まで変形してしまっているような重度の患者さんの場合、自家培養軟骨だけでの治療は難しいとされています。
患者さんの状況に応じて、医師の先生が最適な治療法を判断されますので、まずは専門の医療機関へご相談ください。

人工関節と自家培養軟骨がどう違うのか
教えてください

人工関節は金属やセラミックなどでできており、患者さんの悪くなった膝関節全体もしくはその一部を取り除き、置き換えるものです。一方、自家培養軟骨は患者さんご本人の細胞とアテロコラーゲンからつくった培養軟骨を、欠損した部分に移植するもので、置き換えるものではありません。
最近は技術も進歩してきましたが、人工関節の寿命は15~20年程度と言われており、交換(再手術)は1回までと言われています。重度の患者さんにとって痛みを取る有効な治療法である一方で、若年の患者さんにはあまり積極的に使わない傾向があります。
自家培養軟骨は、年齢制限はなく若年の患者さんにも使用できますが、高齢者に多い変形性膝関節症である場合は適応外となります。

膝(半月板や靱帯など)を怪我したことがあるが、
再生医療で治療できますか?

過去にスポーツや事故などで半月板や靱帯などを痛めた方は、同時に軟骨も痛んでいる可能性があります。再生医療で治療できる可能性があります。

普段、重労働をしていますが、
最近、膝が痛くて思うように仕事ができません。再生医療で治せますか?

膝に負担がかかるお仕事をされている方は軟骨が痛んでいる可能性があります。再生医療で治療できる可能性があります。

膝まわりを押すと痛い箇所がありますが、
軟骨が欠けているのでしょうか?

膝の内側や外側、膝のお皿のあたりを押すと痛い方は軟骨が痛んでいる可能性があります。

再生医療で膝を治してスポーツ復帰したいのですが
可能でしょうか?

自家培養軟骨移植術は、自己修復できない軟骨を保険で治療することが出来る方法として一般の方はもちろん、スポーツ選手にも行われています。一般的に、スポーツ復帰には6か月から1年かかります。その期間はスポーツの種類によっても異なり、激しいスポーツへの復帰は1年から1年半程度かかります。ただし、じっくりしっかり治すことで、より長くスポーツを楽しめる可能性があります。

近藤岳登選手のロングインタビューはこちら

自家培養軟骨移植術を受けるには?

自家培養軟骨移植術の流れを教えてください

主な治療の流れは次のとおりです。
1.アレルギー検査
2.患者さんのヒザ(荷重のかからない部分)から正常な軟骨を少量採取(関節鏡手術)
→約4週間かけて培養
3.移植手術(1ヶ月程度入院)
4.半年~1年かけてリハビリテーションを実施

詳しくはこちら(自家培養軟骨移植術のスケジュール)

自家培養軟骨移植術に入院は必要ですか?
またどのくらいの期間ですか?

軟骨組織を採取するときは関節鏡というものを使い1日程度入院します。移植手術時の入院期間はリハビリテーションにもよりますが、1ヶ月前後が一般的です。

長期間の入院が出来ないのですが、
この治療を受けることはできるのでしょうか?

自家培養軟骨移植術は通常、手術後4週間程度、治療した足に体重をかけることができません。退院のタイミングは、患者さんの膝の治療状況や生活環境によって異なりますので、主治医の先生とご相談ください。

自家培養軟骨 使用認定施設一覧

自家培養軟骨移植術にかかる費用は
いくらくらいですか?

かかる費用:
本治療は、高額療養費制度の対象となります。患者さん個人の自己負担額は、所得にもよりますが、月額6~25万円程度(2015年3月末日現在)とされています。
自家培養軟骨の価格は税込212万9千円(2016年4月1日現在)で、その他ベッド使用料などの入院費と手術費用(医師の手技料)等がかかります。病院にもよりますが、治療に伴う費用は300万円程度かかるとされていますが、患者さん個人の自己負担額は前述の通りです。高額療養費制度の詳細については、下記厚生労働省のホームページをご覧ください。

高額療養費制度を受けられる患者さまへ

変形性膝関節症ですが、
公的医療保険適用外(自費)でなら
治療を受けることはできるのですか?

自家培養軟骨が使える患者さんは、厚生労働省より定められているため、自費でも変形性膝関節症の治療に自家培養軟骨を使用することはできません。

自家培養軟骨による治療は
どこで受けられますか?

自家培養軟骨は、厚生労働省より公的医療保険適用に関する留意事項が定められています。
定められた基準を満たし、研修の修了している医師がおり、準備が整った医療機関でのみ、治療が行われます。

自家培養軟骨による治療を実施する準備が整っている医療機関の最新情報は、こちらをご覧ください。

自家培養軟骨 使用認定施設一覧

自家培養軟骨移植術のドクターインタビューはこちら

自家培養軟骨移植術の実績は?

自家培養軟骨移植術の臨床成績を
教えてください

くわしくは下記論文をご参照ください。自家培養軟骨移植術の治験データでは、約9割の患者さんにおいて症状が緩和し「有用である」との結果が得られました。

参考資料:
1)Tohyama H, Yasuda K, Minami A et al:Atelocollagen-associated autologous chondrocyte implantation for the repair of chondral defects of the knee : a prospective multicenter clinical trial in Japan.J Orthop Sci 14:579-588(2009)
2)Takazawa K, Adachi N, Deie M et al:Evaluation of magnetic resonance imaging and clinical outcome after tissue-engineered cartilage implantation.-Prospective 6-year follow-up study-.J Orthop Sci 14:413-424(2012)

どのような手術ですか?
注射のようなものですか?

ヒアルロン酸を注射するような関節注射の治療とは異なり、自家培養軟骨の移植は外科手術を伴います。ヒザを切開し、軟骨の欠損部へ培養した軟骨を移植し、脛骨などから採取した骨膜でふたをします。手術には入院が必要となり、術後も半年から1年単位でのリハビリテーションが必要です。

詳しくはこちら(移植術)

自家培養軟骨移植術を受けた人の
術後の経過を教えてください

実際にこの移植術を受けた方々のインタビューをご覧ください。

体験者インタビューはこちら

再生医療は新しい治療ですが、
安全なのでしょうか?

再生医療にもいろいろな種類があります。患者さんご自身の膝から少量の軟骨をお預かりし培養して軟骨が痛んだ箇所に戻す自家培養軟骨移植術については、日本国内では10年以上の追跡調査が行われています。海外では20年以上の歴史があります。

自家培養軟骨移植術の長期の結果は
よいのでしょうか?

日本国内で行われた治験(販売前の臨床試験)の6年の追跡調査では、約9割の患者さんにおいて症状が緩和し「有用である」との結果が得られました。

自家培養軟骨移植術はこれまでの治療法(骨穿孔法、骨軟骨柱移植術)と比べて
何が優れているのでしょうか?

大きな違いは、これまでの治療法では治療できなかった大きな軟骨欠損を治すことが出来る点です。骨穿孔法は軟骨が欠けた箇所に穴をあけて血流を作り、速やかに軟骨を治しますが、数年たつと再び痛みが現れる場合があります。骨軟骨柱移植術は患者さんご自身の膝の痛んでいない箇所から骨と軟骨を円柱状に切り取り、痛んでいる箇所に移植する方法ですので治療効果は高いですが、切り取る面積に限界があります。
自家培養軟骨移植術は、切り取った軟骨を培養して増やすため、骨軟骨柱移植術より切り取る面積が少なくて済みますが、2回手術をしなくてはならないというデメリットもあります。